海と山を結blog☆


山は海に流れ流れて、海は山に降りそそぐ。全てのいのちはめぐりめぐる。
by kohtaboy_gabihan
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリ
以前の記事
リンク
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
憲法と安保
from 辺野古と高江に軍事基地は作ら..
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

ハゲを生きる ~後編~

 日本とメキシコの間における、「ハゲ」に対する見方の2つの違い。

 1つは、「言葉」の違いです。

 日本語の「ハゲ」という言葉には、「ハゲている」という意味の他に、蔑視の意を含んでいます。僕も小さい頃友達とけんかすると、相手は別にハゲていないのに、「クソハゲ!!」などと悪口を言っていた覚えがあります。

 一方、メキシコ語(スペイン語)の「ハゲ(calvo)」は、「ハゲている」ことを示すだけで、その言葉自体に軽蔑の意はありません。なので、メキシコには日本のように「ハゲ!」と罵って、ハゲの人を見下すという文化はありません。

 実際、去年メキシコに3ヵ月間滞在していた時に、僕より年下なのに僕よりハゲている人と知り合いましたが、彼は別に「ハゲちゃったよ。どうしよう?」などと言って悩んでいる様子は全くなく、他のメキシコ人と同じように「アミーゴ!」と言いながら、陽気に振る舞っていました。彼だけでなく、他のハゲているメキシコ人も同じでした。また、現地のテレビを観ていても、育毛剤のCMは同じモノが一部のチャンネルで1日数回流れるだけでした。

 つまり、日本人がハゲることを嫌がるのは、「ハゲ」という言葉にネガティブな意味が含まれているからだというのが理由の一つとして挙げられます。

 そして、もう1つはその国に住む人々の「気質」の違いです。

 昨年末メキシコから日本に帰ってきて深く感じたことは、日本人には「他の人(多数派)と同じでありたい」という性向が強いということでした。(あくまでも一般論ですので、全ての人に当てはまるわけでありません。)

 例えば、ファッション雑誌で紹介される「個性的なおしゃれ」。雑誌の中では、きれいな/カッコイイモデルさん達がスタイリッシュな服を着て、「個性的なおしゃれ」を披露しています。それに魅了された読者さん達は、その「個性的なおしゃれ」を真似し始めます。

 そうした結果、雑誌の中では「個性的なおしゃれ」として紹介されていても、それをみんなが真似し始めると一人一人は「個性的なおしゃれをしているんだ」と思っていても、逆にどんどん個性を失っていく結果になってしまいます。

 誰も着ていないような服を着飾れば、それが本当の「個性的なおしゃれ」ですが、個性的であるがゆえにかえって周りから浮いてしまいます。そのように考えてみると、日本人の「個性的なおしゃれ」の裏側にある、「周りの人達と同じでありたい」という別の性向が浮かび上がってきます。

 一方、メキシコはどうでしょうか?メキシコを含め、中南米の多くの国々はスペイン人植民者と先住民の血が混ざり合ってできたメスティーソ(混血)の国です。なので、顔立ちも肌の色も様々です。同じ兄弟の間でも肌の色や顔立ちが違っていたりします。

 そのように人の容姿が違う社会においては、日本のように「他の人(多数派)と同じでありたい」という考えは根付かないのかもしれません。むしろ、「違っていて当然」という感覚の方が強いように感じます。また、経済格差がはっきりしているために、貧困層の人達が富裕層の人達と同じ服を着ることは現実的に不可能なことです。

 ここに日本人がハゲるのを嫌がるもう一つの理由があります。つまり、僕も含め多くの日本人には、「他人(多数派)と同じでありたい」という性向が無意識のうちに働くために、ハゲることで周りから浮いてしまうことを恐れてしまうのだと思います。

 それら2つの違いがわかった時、それまでどんよりと重たかった気持ちに光が差し込んできました。

 結局、自分が「ハゲ」で悩んでいたのは、「日本」という小さな国でしか通用しない価値観で周りから見られ、僕自身も自分のことをその価値観だけで見ていたからなんだ。  
 




 そしてこう考えるようになりました。

 「世界は広い。小さな国の価値観だけに捕われて、髪を増やすことに時間とお金を費やすよりも、もっと視野を広げて、自分の中にある魅力を見つけて、それを磨いていくことに力を注ごう。」

 モノは捉えようです。考えてみれば、ハゲも立派な個性です。周りから浮いてるということは、逆に個性的ということですし、相手に強いインパクトを与えられるでしょう。

 また、価値観は時代とともに変わっていきます。戦国時代や江戸時代においては、お侍さんなど階級の高い人達は皆自らの頭をハゲにしてチョンマゲを結っていたんですから。今はハゲが馬鹿にされる時代ですが、もしかしたらハゲが羨ましがられる時代が再びやってくるかもしれません。

 僕の同い年の友人の中にも髪が薄くなってきたことを気にして、育毛剤を使っている人達が結構います。もし育毛剤を使ったり、アートネーチャーに行ったりしている人達がみんな今一斉にそれをやめたら、案外ハゲ人口は多いのかもしれません。

 しかしながら、これで僕の「ハゲ」の悩みがきれいさっぱり解消したわけではありません。自分がハゲをプラスに考えていても、自分を取り囲む社会はハゲをネガティブなものとして捉えていますから、それに抗って生きていくことは簡単ではありません。しかも、未だ彼女ができないのも、「やっぱりハゲのせいなのかも…」と思ってしまうことがあります。

 でも、こうも思います。たとえ、これで僕が髪を増やして彼女ができたとしても、彼女は僕のありのままの姿を好きになってくれたのではなく、「髪の毛のある」僕を好きになってくれたということです。だから、僕の髪が再び少なくなれば嫌われてしまうかもしれませんし、僕自身もそれを恐れてずっと髪の毛のことを気にしていなければいけません。それは、何だか悲しいことです。

 いつ彼女ができるかわかりませんが、互いのありのままの姿を好きになれるような相手を見つけることが大事なんだと、今はそう考えています。

 やはり、男の魅力は髪の毛ではなく、その人の心の中にあるように思います。
[PR]

by kohtaboy_gabihan | 2011-10-31 17:00 | 雑感/ 空想
<< 高江ヘリパッド建設が再開されて... ハゲを生きる ~前編~ >>