海と山を結blog☆


山は海に流れ流れて、海は山に降りそそぐ。全てのいのちはめぐりめぐる。
by kohtaboy_gabihan
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
リンク
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
憲法と安保
from 辺野古と高江に軍事基地は作ら..
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

祝島探訪記 ~その1~

 祝島に行ってから、はや一月経ってしまいました。記憶が薄れてしまう前に早く書かねばと思ってはいたのですが、日々の仕事に追われてなかなか書く時間がとれず、結局今さらの投稿になってしまいました。毎度のことながら、すみません・・・。今日は祝島探訪記その1を書きます。

 祝島へは大阪から夜行バスに乗り、岩国経由で行きました。祝島行きの定期船に乗るため、岩国でバスから電車に乗り換えて柳井港の駅まで行くのですが、岩国駅を出発してしばらくすると、見覚えのあるフェンスが僕の目に飛び込んできました。その先に目をやると、そこにはびっくりするくらい広大な米軍基地が広がっており、僕はすぐに嘉手納基地を連想しました。

 そんな岩国基地に打ちのめされていると、まもなく柳井港の駅に着き、そこから定期船「いわい」に乗船していよいよ祝島へ。上関原発が造られようとしている長島に沿って行くこと約1時間。目の前に、昨年「祝の島」を観てからずっと行きたいと思っていた祝島が姿を現しました。

a0131573_13303688.jpg

(田の浦から臨む祝島)

 昨年スクリーンで見た祝島は、「やっぱり小さな島なんだなぁ~」という印象でしたが(スクリーンだから、そりゃ当然か)、実際の祝島を見た時、「意外にでかっ!」と思いました。山が海から突き出したような島は周囲12kmだそうですが、それよりも大きく見えました。

 そして港に着くと、島の人達が他の乗船客の迎えに来ていました。僕は宿の人に何時の便で行くかは伝えていなかったので、とりあえず港周辺でまったりしようと思い歩き出した時、突然ニット帽を被ったおじさんに僕の名前を呼ばれびっくり!「え!なんで知ってるの?」と思ったら、その人が今回僕がお世話になった宿のご主人でした。おじさん曰く、「あなたの恰好を見て、すぐわかったよ」。確かにバックパッカーは、僕だけだったけど・・・。それが3日間の「不思議の島」の始まりでした。

a0131573_13564236.jpg

(祝島の港)

 宿のおじさんと一緒に、その宿で泊まっていた女性のお客さんも僕を迎えに来てくれていました。その人はポーランド人の男性と結婚し、現在ニューヨークに住んでいるのですが、僕と同じように「祝の島」に感動して、今回5日間祝島に滞在したということでした。

 波止場から宿のご主人とその女性と3人で宿に行き、荷物を置いてしばらくしゃべった後、昼ごはんを食べに、島唯一の喫茶店へ行きました。その喫茶は自宅の一部を店に改装した所で、10人も入ればぎゅうぎゅう詰めになってしまうような狭さですが、とても雰囲気のいい所で、料理もおいしかった!(滞在中はずっとそこで昼食を食べました。)

 昼ごはんを食べ終わった後、5日間滞在された女性が昼の便で祝島を発つというので、おじさんと一緒に僕も港まで見送りに行きました。その時僕がおじさんに「田の浦はどの辺ですか?」と尋ねると、おじさんは「あそこだよ」と言って、東の方角を指差しました。その指の先をたどっていくと、そこには山の斜面が大きく切り崩された田の浦海岸がありました。

 田の浦は祝島から約4km離れていますが、実際に見ると、もっと近いように感じました。祝島からでも肉眼で、土砂に被せられた青いビニールシートなどがはっきりと見えます。「あんな所に原発が2つもできるとなったら、そりゃ誰だって反対するでしょ!」と思わずにはいられませんでした。
a0131573_1359182.jpg

(祝島から臨む田の浦海岸)

 その2へ続く…
 
[PR]

by kohtaboy_gabihan | 2012-04-13 15:30 | 祝島
原発と桜 >>