海と山を結blog☆


山は海に流れ流れて、海は山に降りそそぐ。全てのいのちはめぐりめぐる。
by kohtaboy_gabihan
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
リンク
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
憲法と安保
from 辺野古と高江に軍事基地は作ら..
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:高江座り込み( 40 )


沖縄は怒る!

a0131573_16222528.jpg

ただいま沖縄県庁前広場にて、田中元防衛局長発言を受けての辺野古基地建設断念を求める抗議集会を行っています。

田中発言の混乱は本土でも報じられましたが、沖縄ではまだまだ問題は終わっていません。沖縄の人々は、政府が辺野古移設を断念するまで問題は解決しないことを知っています。だから、上部だけの解決を目論む政府に怒るのです。
[PR]

by kohtaboy_gabihan | 2011-12-10 16:22 | 高江座り込み

晴れたり、曇ったり、雨降ったり、

a0131573_143362.jpg

今日は朝からずっと雨が降り続いていましたが、お昼頃になってようやく日が差してきました。

と思ったら、また雨が降ってきました…
そんな天気が連日続いているやんばるです。今日も防衛局は現れていませんが、淡々と座り込みを続けています。

今日の沖縄タイムスの一面には、オスプレイに新たな不具合が見つかったことが大きく載っていました。

原発もそうですが、技術的に確立していないものを見切り発進で使ってしまうのは、やはり危険ですし、使うべきではありません。いくらその危険性を「安全神話」で覆い隠しても、いつかは剥がれてしまいます。

それが今年学んだ最大の教訓ではないでしょうか?
[PR]

by kohtaboy_gabihan | 2011-12-08 14:03 | 高江座り込み

遠くにヘリの音…ドドド…

a0131573_14583945.jpg

昨晩から降り続いた雨もようやく上がりそうです。沖縄に来てから6日になりますが、青空を見れたのは2日だけ。週間天気予報を見ても、雨か曇りのマークしかありません。

信州に比べたらずっと暖かいのは違いないですが、1日中外気に晒されていると、だんだんと寒さが染み込んできます。

田中元沖縄防衛局長の問題発言によって責任を追求されている一川防衛大臣は昨日辞める意志がないことを明言しましたが、これ以上「お荷物」を抱えたくないのなら、沖縄の民意に真摯に向き合って職責を全うすべきです!
よね?
[PR]

by kohtaboy_gabihan | 2011-12-06 14:58 | 高江座り込み

空と森との間には…

a0131573_14303294.jpg

久々に高江にやってきました☆

冬真っ盛りの信州から来ると、沖縄も寒くなってきてるとは言え、全然暖かいです。最近は曇りや雨の日が多いみたいですが、今日は快晴で涼しい風が吹いているので、森の声に耳を傾けならがら座り込んでいると、だんだんと瞼が落ちてきます。

元沖縄防衛局長の問題発言による騒動が起きてからは、さすがに工事には来ていないようですが、それでも政府が工事計画を撤回しない限りはいつ来てもおかしくない状況なので、フェンスのないやんばるの森を想像しながら、今日も座り込みを続けています。
[PR]

by kohtaboy_gabihan | 2011-12-05 14:30 | 高江座り込み

工事が強行されています!!

 今高江では防衛局員が大挙して押し寄せ、工事を強行しています。僕も現場に駆けつけたいですが、家の都合で実家に戻っているので行くことができません。

 でも、現場に行けなくてもできることはあります。ぜひ、ちょっとの勇気を出して沖縄防衛局や防衛省に抗議の電話をかけてみてください。

 僕も生まれて初めて電話をしてみましたが、「そうですか」「う~ん」という返事しか返ってきませんでした。でも、多くの人が声を上げれば、政府も工事がやりにくくなるはずです。だって、彼らは一応建前上は「国民のため」に働いているんですから。

 自分たちの税金がこんなことのために使われているなんて許せない!!!

―転送歓迎―
N1、4共に強行工事始まりました。
N1は50人体制で砂利の搬入。
N4は作業員10人程入ってしまい、作業が(磁気探査と言っていた)進んでいます。
チェーンソーで木を切る音がしています。
応援・抗議お願いします!
【抗議・質問の電話は下記へ】
沖縄防衛局098-921-8131
防衛省03-5366-3111
内閣官房03-5253-2111
仲井眞知事098-866-2000
沖縄県基地対策課098-866-2460

 現場の詳しい状況は、やんばる東村 高江の現状を見てください。
[PR]

by kohtaboy_gabihan | 2011-02-01 12:45 | 高江座り込み

防衛局来ました。

a0131573_2330465.jpg

更新遅れてしまいましたが、今日昼ごろ防衛局員達が作業員や警備員を連れてN1テントにやって来ました。現場に着いた時には土嚢を入れられてましたが、こちら側の必死の抗議でそれ以外は特に作業をさせずに済みました。

しかし、防衛局員の強引なやり方により、怪我人が出てもおかしくないほど緊迫した状況もあり、監視に来ていた公安も防衛局員に注意していました。

さらに、今日は高江ヘリパッド裁判の日でした。「裁判中は工事を控える」と言っていたにも関わらず、那覇で裁判が行われているまさにその時に工事にやって来ました。裁判で住民が現地にいない隙に工事を進めてしまおうという魂胆だったのでしょうか?全く信じられない出来事です。

防衛局はとにかく、隙あらば自らの約束を破ってでも工事をやってしまおうという姿勢です。今の政府に民主主義を言う資格はありません。

とにかく政府が国民の民意に目を向けるまで阻止するのみです!!
[PR]

by kohtaboy_gabihan | 2011-01-26 23:30 | 高江座り込み

寒いです…

a0131573_22145432.jpg

みなさん、こんばんは。只今こちらは夜の10時です。懐中電灯を灯しながら、24時間無休の座り込みが続けられています。

とりあえず、今日も防衛局は現れませんでしたが、工事をさせないように常に警戒していなければなりません。

沖縄は本土に比べれば気温は高いですが、ずっと外にいれば、やはり寒く感じます。特に自然に囲まれた北部地域は都市部より気温が低いです。

自分達の生活・生命を守ろうとする住民にここまでさせる政府のやり方は、果たして正常でしょうか?

国民のために働かなければいけない政府が、高江ではまさに正反対のことをしています。高江の人達は日本国民じゃないということなのでしょうか?

やっぱりどう考えても、許せません!!
[PR]

by kohtaboy_gabihan | 2011-01-25 22:14 | 高江座り込み

警戒続く高江

a0131573_138133.jpg

現在も24時間体制で座り込みが続いています。防衛局はまだ現れていませんが、偵察車と見られる車が何回もテントの前を行き来しています。

僕も昨夜からテントに泊まり込みで監視活動に参加していますが、いつ防衛局がやってくるのかわからないので、気を休めて眠ることができません。

ただ静かな暮らしを求めているだけなのに、高江の人々にこのような苦難を強いる政府の無神経さにほんとに腹が立ちます。

この怒りをパワーに変えて、何としてでもヘリパッド建設を止めなければいけません!
[PR]

by kohtaboy_gabihan | 2011-01-24 13:08 | 高江座り込み

緊迫する高江

a0131573_1452414.jpg

 長い間ブログの更新を怠ってしまいましたが、今日は久々に高江から更新します。年末にメキシコから帰国し、約4ヵ月ぶりに沖縄に戻ってきました。

 メキシコにいた時も高江のブログをチェックしていたので、現地の状況は知っていたのですが、今高江は先月から工事が再開され、未完成だったN4・N1のゲートは全て作られてしまいました。

 さらに、沖縄防衛局はまだ夜が明けないうちにやってきて、ヘリパッド建設工事に取りかかろうとしています。そのため、現地では24時間体制の座り込みを行い、高江の人たちも昼は仕事、夜は座り込みという大変な生活を強いられています。

僕も今朝は5時起きで座り込みに参加していますが、こんな状況がずっと続いては気が休まりません。ただ平穏な暮らしを求めているだけなのに、なぜ国はそこまでして米軍のためにヘリパッドを造らなきゃいけないのか理解できません。

 国は、人口たった150人の集落の生活を守れないで、一体何が守れるというのでしょうか?

僕達が望んでいるのは「米主」主義ではなく、「民主」主義なんです!

多くの人達が高江の座り込みに来てくれればありがたいのですが、仕事などをしている中で来るのは難しいと思いますから、できるだけ周りの人に高江のことを伝えてもらえたらなと思います。知るか知らないかで、状況は変わっていきます。

高江ブログでもいろんな情報発信をしているので、ぜひ覗いてみてください。
[PR]

by kohtaboy_gabihan | 2011-01-22 14:52 | 高江座り込み

不穏な動き

 昨日午前11時頃、米軍関係の車がN4の仮設ゲートを通り抜けると、N4ゲートの鍵を開け、中に入っていきました。特に何かすることもなく、誰かを待っている様子だったので、しばらくテントに戻っていたら、いつの間にかヘリパッドの中に車が3台ほど停まっていて、防衛局の職員と思われる、背広や作業服を着た人達が7,8人集まっていました。
a0131573_22562020.jpg


 こちら側が中の様子を窺っていると、迷彩服を着た米軍兵士の車がゲート前まで来ていて、中にいた人が開けると、そのまま中に入って行きました。
a0131573_22541248.jpg


 米軍はN4ゲートを堂々と通り抜けていくのに、日本の防衛局はメインゲートから入り、基地内の道を通ってヘリパッドに行くという現実。現在の「日米関係」の本当の姿を、目の前で見せつけられたようでした。

 その後ヘリパッド内で、防衛局員らしき作業服を着た人が他の人達に何やら説明をしているようでした。
a0131573_234188.jpg
a0131573_235077.jpg

a0131573_23195472.jpg


 こちら側が中にいる日本人職員に「生物調査ですか?」と聞いても一切無視。米軍職員のおじさんに聞いても、「アイドンノー(I don't know)」と答えるのみ。「沖縄県民の負担軽減」のためのヘリパッド建設なのに、市民には何も教えずにこそこそやろうとする姿勢。現場で働く職員のそんな態度を見て、どうやって政府の言うことを信じることができるでしょうか?

 結局、何をやっていたのか知ることができませんでしたが、おそらく生物調査かヘリパッド建設についての説明だったと思われます。来月9月1日には、高江ヘリパッド建設をめぐる通行妨害に関する裁判の現地進行協議があり、裁判官が現地視察にやってくるので、それを意識してのことかもしれません。

 防衛局と米軍の秘密の協議は1時間ほどで終わり、出る時は入った時と同じように、米軍車両はN4ゲート、防衛局車両は森の中に消え、メインゲートから出て行きました。堂々と振る舞う米軍兵士と、自国民に怯える日本政府の職員。日本政府は一体いつになったら、自国民の声を米国に伝えることができるようになるのでしょうか??

 そんな秘密協議の後、テントに戻って座り込みを続けていると、米軍の小型・大型車両が一連なりになって約10台通り過ぎていきました。荷台には兵士や荷物が入っていたので、「また訓練が始まるのかぁ・・・」と思っていると、今日は昼ごろからずっとCH46ヘリ3機が高江区上空を縦横無尽に飛び回っていました(日が落ちてからも飛んでいました)。

a0131573_23383896.jpg
a0131573_23392772.jpg
a0131573_23401128.jpg

a0131573_23442314.jpg
a0131573_2345933.jpg


 平穏な農村の暮らしの上に、「人殺し」のためのヘリが飛び回り、平穏な農村の暮らしを囲む森の中では、「人殺し」のためのジャングル戦闘訓練が行われている。

 こんな現実はやっぱり異常だし、おかしい。だから、もっと多くの人達にこの現実を考えてほしい。
[PR]

by kohtaboy_gabihan | 2010-08-18 23:49 | 高江座り込み