海と山を結blog☆


山は海に流れ流れて、海は山に降りそそぐ。全てのいのちはめぐりめぐる。
by kohtaboy_gabihan
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
リンク
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
憲法と安保
from 辺野古と高江に軍事基地は作ら..
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2011年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧


いよいよ今週土曜日です!

 以前お知らせしましたが、いよいよ今週末の4月2日に「辺野古を考えるドキュメンタリー映画上映会 in 松本」が開催されます!

 もし松本近郊に住んでいましたら、ぜひぜひご参加ください!!

         *****以下転載歓迎*****
a0131573_23501397.jpg

 来月4月2日に信州・松本市で、「辺野古を考えるドキュメンタリー映画上映会」を開催することになりました。

 沖縄の基地問題をもっと多くの人に知ってもらうため、昨年全国上映キャラバンを企画し、現在日本中を回っているドキュメンタリー映画監督の藤本幸久さんが自作を携え、松本にやってきます。

 さらに、今回は藤本監督の作品に加え、現在大大大問題となっている、高江の米軍ヘリパッド問題についてのドキュメンタリー映像も上映します!!

 折りしも、今年7月には松本市で国連軍縮会議が開かれます。世界各地で起きている軍事問題についてともに考え、話し合うために、世界中から人々が集まってきます。

 戦争のない世界に一歩でも近づくために、今一度私たちも国内で起きている軍事問題に目を向け、ともに考えてみませんか?

~~~辺野古を考えるドキュメンタリー映画上映会in松本~~~

日時 : 2011年4月2日(土) 第1部 10:30~12:40
                 第2部 13:40~16:00

会場 : あがたの森文化会館 ホール(200名収容)


チケット : 当日券のみ     
     学生・65歳以上‐各回1,000円 共通(1・2部) 1,500円
         大人   ‐各回1,200円 共通(1・2部) 1,800円


プログラム :
 第1部 10:30~12:40
  『Marines Go Home 2008-辺野古・梅香里・矢臼別』(118分)、2008年
  『やんばるからのメッセージ~高江の記録』(10分)、2010年

 第2部 13:40~16:00
  『One Shot One Kill≪一撃必殺≫ 』(約70分)、2009年
  『映像レポート・また、また、辺野古になるまで』(33分)、2010年
  『やんばるからのメッセージ~高江の記録』(10分)、2010年
   藤本監督のお話(30分)


―上映作品紹介―

『Marines Go Home 2008-辺野古・梅香里・矢臼別』
 沖縄・辺野古の浜に座り続けるおじいやおばあたち。基地建設のためのボーリング調査を止め続けた海上阻止行動の日々。米軍の射爆場を撤去させた韓国・梅香里の漁民たち。北海道・矢臼別演習場のど真ん中に暮らし続ける農民。志を守り屈せずに、闘い続ける人々の姿。

『One Shot One Kill≪一撃必殺≫ 』 
 米海兵隊ブートキャンプ(新兵訓練場)の12週間の訓練を描く。最初に教えられることは、「口を閉じよ、疑問を発するな」ということ。そして、卒業まで、何万回も同じ事を繰り返す反復訓練。命令に、疑問を持たず直ちに従う人格形成と、考えなくても命令どおりに動く肉体作り。素手で殴り殺し、銃剣で刺し殺し、ライフルで撃ち殺す。沖縄に送られてくるのは、無意識でも人を殺せる技術を身につけた若者たちなのだ。

『また、また、辺野古になるまで』 
 新基地建設予定地とされる辺野古や大浦湾の海と暮らし。美しい大浦湾の水中映像。沖縄の人々の闘いと意思。名護市長選挙、9万人の県民大会、普天間基地包囲行動。2004年~2005年の海上阻止行動の日々。

『やんばるからのメッセージ~高江の記録』
 人口160人の小さな集落・高江。ある日突然、高江を取り囲むように6ヵ所米軍ヘリパッドが建設されることになった。2007年7月、政府は高江住民に納得いく説明もないまま、工事を強行する。豊かな自然と自らの生活を守るため、3年以上前から座り込みを続ける高江の人々の姿を追った、現地在住カメラマンによるドキュメンタリー。

~藤本監督プロフィール~
 三重県四日市市に生まれる。大学在学中より土本典昭監督の下で映画製作に携わる。大学卒業後、土本作品の助監督等を経て、1992年に自身の初監督作品『教えられなかった戦争・侵略・マレー半島』を公開。以後、生活拠点を北海道上川郡新得町に移し、「森の映画社」を設立する。夕張の炭鉱閉山をテーマとした作品『闇を掘る』で映画賞などを受賞。また、1996年から新得町で自身が主宰する「Shintoku 空想の森映画祭」を10年以上にわたって開催している。
 2004年から駐留米軍問題をテーマに、沖縄県辺野古を中心として撮影を続け、『Marines Go Home 2008』や『アメリカばんざい』などの作品を発表している。

主催 : 海と山を結ぶ会
 何か問い合わせたいことなどありましたら、以下のメールアドレスまでご連絡ください。
  メールアドレス : unir_mar_monte@yahoo.co.jp (山﨑まで)

 沖縄の基地問題について知りたい方はこちらのブログをご覧ください。
 『辺野古と高江に軍事基地は作らせない!!!』URL : http://henoko.exblog.jp

 ※藤本監督の全国上映キャラバンについて知りたい方はこちらのサイトをどうぞ。
 『森の映画社★札幌編集室。』URL : http://america-banzai.blogspot.com/
[PR]

by kohtaboy_gabihan | 2011-03-28 23:51 | お知らせ

やっぱり戦争は嫌だ!地球を守ろう!!

 一瞬の出来事が、多くの人々の生命を奪い、人生を狂わせてしまいました。

 テレビのニュースでは、日々増えていく死者の数を淡々と伝えているけれど、その亡くなったひとり一人に名前があり、家族があり、築き上げてきたものがあったことを思うと、本当に心が痛みます。

 僕も現地に駆け付けて救援活動をお手伝いできたらいいのだけれど、自分の身の回りのことをすっぽかすわけにもいかず、遠くから義援金や救援物資を送るぐらいしかできないことにもどかしさを感じます。

 地震が起きた翌日、フェイスブックを覗いたら、メキシコの友達が心配してたくさんの励ましのメッセージを送ってくれていました。地球の裏側から届く心温かな言葉の一つ一つが、僕の心にじんと沁みました。

 そして、世界中のたくさんの国々が地震で被災した人達のために救助隊を派遣してくれたことにも感動し、胸が熱くなりました。

 その一方で、僕自身は今年起きたニュージーランドの地震や、昨年起きたハイチやチリの地震を「遠いところの出来事」としか捉えず、ちゃんと向き合わなかったことを今更ながら悔み、反省しました。

 今改めて、日本だけでなく、ニュージーランド・ハイチ・チリで犠牲になった方々のご冥福をお祈りします。また、一人でも多くの人々の命が救われることを願っています。

 ところで、話は変わりますが、今回の地震で被害にあった被災地の光景をブラウン管を通して見ていると、僕の目には、それがイラクやアフガン、パレスチナなどの戦場の光景とダブって見えてきます。

 そして、こんなことを思わずにはいられません。

 人間の力じゃどうにも防げない自然災害でこれだけ悲惨なことが起こってしまうのに、なんで人間は戦争を起こして同じ悲劇をつくってしまうんだろう??

 今回の地震では、日本との関係悪化が懸念されていた中国やロシアも救助隊を派遣してくれています。

 北朝鮮も本当に日本を侵略しようと考えているのなら、ほとんどの自衛隊が被災地にいる今がチャンスなのに、そんな気配は全くないし、メディアだって北朝鮮に関しては何も報じなくなりました。

 こうした状況を見ていると、日本が戦争に巻き込まれる可能性なんてないような気がしてきます。

 今被災地で救援活動を行っている米軍も自衛隊も、これを機に、自分達の国を守るために他国の人々を殺す訓練をするような「軍隊」ではなく、地球に住む全ての人を分け隔てなく守る「地球救援隊」になったら、どんなに素晴らしいことだろうと思います。

 宇宙に一つしかない地球で、自然災害にこれだけ苦しんでいるのに、それに加えて戦争をするなんて本当に馬鹿らしい。

 もう戦争はいらない。一つしかない地球と人類を守るために、世界が繋がっていけたら、世界各地の自然災害や戦争で犠牲になった人達の思いもきっと報われるはず。
a0131573_23374436.jpg

 厳しい冬の雪の中で咲く花のように、厳しくて苦しい時こそ「いのち」は輝きます。
[PR]

by kohtaboy_gabihan | 2011-03-21 23:37 | 雑感/ 空想

想像してみてください。

 ある日突然、自分の家の近くに米軍基地が造られることになったら…

 自然豊かな森を壊して、基地が造られることになったら…

 その自然の中で産み出される水が、多くの人々の生活用水になっているとしたら…

 それなのに、政府はちゃんとした説明もせずに、工事を強行してきたら…

 それも、まだ夜が明けぬうちに工事を始めてきたら…

 そして、工事を止めようと抗議して、国に訴えられたら…

 ちゃんとした証拠もないのに、国から「被告」として訴えられたら…

 裁判の度に片道3時間もかけて、裁判所に行かなければならなくなったら…


 昼夜を問わず、米軍ヘリが自分の頭の上を飛んでいたら…

 自分の家族が頭上を飛ぶ米軍ヘリに怯えていたら…

 もしヘリが墜落したら…

 その基地で訓練を受けた兵士達が戦争へ出兵したら…

 その兵士達が戦場で同じ人間を殺したら…

 人を殺した兵士達が再びその基地に戻ってきたら…


 あなたはどう思いますか?

 こんなことが沖縄で実際に起こっています。

 最近よく思います。

 戦争に抗う最大の武器はきっと、「想像力」だと…

 
※高江に関する興味深い記事を2つ紹介します。ぜひ読んでみてください。

 『高江ヘリパッド ― 県民同士が闘う不条理』沖縄タイムス 社説 2/25

 『沖縄・高江、山口・祝島/「SLAPP訴訟」伝えない地上波』三上智恵、Daily JCJ

 また、高江ブログでも今までに掲載された記事がアップされてますので、ぜひご覧ください。

 『琉球新報2月25日から3月3日の報道』3/3

 『タイムス2月25日から3月2日報道』3/3
[PR]

by kohtaboy_gabihan | 2011-03-06 23:20 | 高江(たかえ)

上映会やります!!

         *****以下転送歓迎*****
a0131573_1858569.jpg

 来月4月2日に信州・松本市で、「辺野古を考えるドキュメンタリー映画上映会」を開催することになりました。

 沖縄の基地問題をもっと多くの人に知ってもらうため、昨年全国上映キャラバンを企画し、現在日本中を回っているドキュメンタリー映画監督の藤本幸久さんが自作を携え、松本にやってきます。

 さらに、今回は藤本監督の作品に加え、現在大大大問題となっている、高江の米軍ヘリパッド問題についてのドキュメンタリー映像も上映します!!

 折りしも、今年7月には松本市で国連軍縮会議が開かれます。世界各地で起きている軍事問題についてともに考え、話し合うために、世界中から人々が集まってきます。

 戦争のない世界に一歩でも近づくために、今一度私たちも国内で起きている軍事問題に目を向け、ともに考えてみませんか?

~~~辺野古を考えるドキュメンタリー映画上映会in松本~~~

日時 : 2011年4月2日(土) 第1部 10:30~12:40
                 第2部 13:40~16:00

会場 : あがたの森文化会館 ホール(200名収容)


チケット : 当日券のみ     
     学生・65歳以上‐各回1,000円 共通(1・2部) 1,500円
         大人   ‐各回1,200円 共通(1・2部) 1,800円


プログラム :
 第1部 10:30~12:40
  『Marines Go Home 2008-辺野古・梅香里・矢臼別』(118分)、2008年
  『やんばるからのメッセージ~高江の記録』(10分)、2010年

 第2部 13:40~16:00
  『One Shot One Kill≪一撃必殺≫ 』(約70分)、2009年
  『映像レポート・また、また、辺野古になるまで』(33分)、2010年
  『やんばるからのメッセージ~高江の記録』(10分)、2010年
   藤本監督のお話(30分)


―上映作品紹介―

『Marines Go Home 2008-辺野古・梅香里・矢臼別』
 沖縄・辺野古の浜に座り続けるおじいやおばあたち。基地建設のためのボーリング調査を止め続けた海上阻止行動の日々。米軍の射爆場を撤去させた韓国・梅香里の漁民たち。北海道・矢臼別演習場のど真ん中に暮らし続ける農民。志を守り屈せずに、闘い続ける人々の姿。

『One Shot One Kill≪一撃必殺≫ 』 
 米海兵隊ブートキャンプ(新兵訓練場)の12週間の訓練を描く。最初に教えられることは、「口を閉じよ、疑問を発するな」ということ。そして、卒業まで、何万回も同じ事を繰り返す反復訓練。命令に、疑問を持たず直ちに従う人格形成と、考えなくても命令どおりに動く肉体作り。素手で殴り殺し、銃剣で刺し殺し、ライフルで撃ち殺す。沖縄に送られてくるのは、無意識でも人を殺せる技術を身につけた若者たちなのだ。

『また、また、辺野古になるまで』 
 新基地建設予定地とされる辺野古や大浦湾の海と暮らし。美しい大浦湾の水中映像。沖縄の人々の闘いと意思。名護市長選挙、9万人の県民大会、普天間基地包囲行動。2004年~2005年の海上阻止行動の日々。

『やんばるからのメッセージ~高江の記録』
 人口160人の小さな集落・高江。ある日突然、高江を取り囲むように6ヵ所米軍ヘリパッドが建設されることになった。2007年7月、政府は高江住民に納得いく説明もないまま、工事を強行する。豊かな自然と自らの生活を守るため、3年以上前から座り込みを続ける高江の人々の姿を追った、現地在住カメラマンによるドキュメンタリー。

~藤本監督プロフィール~
 三重県四日市市に生まれる。大学在学中より土本典昭監督の下で映画製作に携わる。大学卒業後、土本作品の助監督等を経て、1992年に自身の初監督作品『教えられなかった戦争・侵略・マレー半島』を公開。以後、生活拠点を北海道上川郡新得町に移し、「森の映画社」を設立する。夕張の炭鉱閉山をテーマとした作品『闇を掘る』で映画賞などを受賞。また、1996年から新得町で自身が主宰する「Shintoku 空想の森映画祭」を10年以上にわたって開催している。
 2004年から駐留米軍問題をテーマに、沖縄県辺野古を中心として撮影を続け、『Marines Go Home 2008』や『アメリカばんざい』などの作品を発表している。

主催 : 海と山を結ぶ会
 何か問い合わせたいことなどありましたら、以下のメールアドレスまでご連絡ください。
  メールアドレス : unir_mar_monte@yahoo.co.jp (山﨑まで)

 沖縄の基地問題について知りたい方はこちらのブログをご覧ください。
 『辺野古と高江に軍事基地は作らせない!!!』URL : http://henoko.exblog.jp

 ※藤本監督の全国上映キャラバンについて知りたい方はこちらのサイトをどうぞ。
 『森の映画社★札幌編集室。』URL : http://america-banzai.blogspot.com/
[PR]

by kohtaboy_gabihan | 2011-03-01 00:08 | お知らせ