海と山を結blog☆


山は海に流れ流れて、海は山に降りそそぐ。全てのいのちはめぐりめぐる。
by kohtaboy_gabihan
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
リンク
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
憲法と安保
from 辺野古と高江に軍事基地は作ら..
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2011年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧


7/23・24 高江住民・伊佐さんのお話を聞こう!! in 信州☆☆☆

 いよいよ明日です!!
 松本近郊にお住まいの方はぜひご参加ください♪♪♪
 
a0131573_168521.jpg

☆★☆★☆★☆★☆★☆★以下転載歓迎☆★☆★☆★☆★☆★☆★

          第23回国連軍縮会議関連イベント

           沖縄やんばるの自然を守ろう!!
  ~~米軍ヘリパッド建設に揺れる高江住民のお話を聞く会~~

 沖縄県北部に広がる自然豊かな森「山原(やんばる)」。世界自然遺産候補にも挙げられる、その森の中に人口150人の小さな集落・高江(たかえ)はあります。
 しかし、やんばるの森には、米軍基地「北部訓練場」が横たわっています。1996年、日米両政府は沖縄県民の「負担軽減」のため、総面積7800ヘクタールに及ぶ北部訓練場の半分を返還することを決めました。ところが、その返還条件として、ヘリパッド(ヘリコプターの離着陸帯)6ヶ所を残される土地に新設するという取り決めが交わされ、それらはまるで高江集落を取り囲むように造られようとしています。やんばるの自然や自分達の生活・生命を守るため、現在高江住民は24時間体制の座り込みを行っています。
 そこで今回、松本市で国連軍縮会議が開催されるにあたり、高江の方を招いて、現地のお話を聞く会を企画しました。「戦争のない世界」に一歩でも近づくために、私たちはどうしたらいいのか、一緒に考え、語り合いませんか?

     *日時:7月23日(土) 午後2時~5時半       
     *会場:喜源冶(きげんじ) 松本市中山4096
      ※松本駅と会場間の無料マイクロ送迎あり(要予約)       

     *参加費:事前予約 1000円/当日 1200円/学生 500円
      ※資料・お茶・お菓子代込み       
     *定員:30名

~・~・~・~・~・~・~・~プログラム~・~・~・~・~・~・~・~

  14:00~15:30 DVD上映
   『心~ククル~UAやんばるLIVE』
   *2007年、歌手のUAが高江ヘリパッド建設に反対し、やんばるの
   自然を守るために行ったライブ映像。やんばるに暮らす高江の人々
   の姿も映されています。

  15:30~15:40 DVD上映
   『やんばるからのメッセージ~高江の記録』
   *高江ヘリパッド問題の3年間の経過と高江住民の姿を追った、
   現地在住カメラマンによるドキュメンタリー。

  休憩(20分)

  16:00~16:30
   高江住民・伊佐真次(いさ まさつぐ)さんのお話

  16:30~17:30
   お茶を飲みながら、みんなでおしゃべり♪♪

  主催:海と山を結ぶ会

  ※予約&各種問い合わせ先
    山崎:携帯 090-9668-8839
       メール unir_mar_monte@yahoo.co.jp

  ☆★7/24長野市でも開催されます☆★

   *時間:午後1時半~5時
   *会場:国労長野会館4F大会議室
       (長野市中御所3-2-22)
   *定員:100名
   *参加費:500円
   *主催:長野民衆運動研究所
   *TEL:026-226-1136

  ※高江の状況は、現地の方が書いているブログをご覧ください。
   「やんばる東村 高江の現状」 http://takae.ti-da.net/

  ※米軍北部訓練場と新型機「オスプレイ」に関する動画
    (テレビ朝日の番組をまとめたものです)
   http://www.youtube.com/watch?v=jkw6PpigMFQ

  ※高江のヘリパッド問題に関する琉球朝日放送の動画
   「検証動かぬ基地vol.98 高江にあった「ベトナム村」とは」
   http://www.qab.co.jp/news/2011071229340.html
[PR]

by kohtaboy_gabihan | 2011-07-19 16:10 | お知らせ

高江ヘリパッド、トモダチ作戦、日米同盟・・・

 書きたいことはたくさんあるのに、それを書いている時間がなく、もどかしい日々を過ごしているうちに、前回の更新からはや2週間…

 もうそろそろアクセス数がゼロになるかと思っていたのですが、それでも毎日アクセス数が10近くあり、僕の拙いブログをチェックしてくれている方がいることを思うと、本当にうれしい限りです☆

 なぜブログをなかなか更新できないかと言いますと、またまた新たなイベントを企画中だからでございます。何だかイベントを企画することが僕の職業になってしまいそうですが、イベントを企画しても稼ぎは出ません。なので、無駄遣いはしないように、日々倹約・節電生活を心がけています。

 近日中にはイベントのお知らせを致しますので、乞うご期待ください♪♪

 さて、今日はいくつか気になる記事と動画をお知らせします。

 まず動画ですが、高江ブログをご覧になっている方はすでにご存知だと思います。一昨日、琉球朝日放送(QAB)のニュース番組で、高江のヘリパッド問題についての特集が放送されました。それがQABのウェブサイトにアップされていますので、ぜひご覧になってください。

*琉球朝日放送(QAB)

 「検証動かぬ基地vol.98 高江にあった「ベトナム村」とは」 7/12

 それでは、以下に新聞記事↓↓ 全ての記事を読んで頂きたいですが、その中でも特に、琉球新報の「トモダチ作戦」について社説と東京新聞の社説はぜひぜひご一読を。

*沖縄タイムス

 「慰霊の日に 沖縄に戦後はあるのか」社説 6/23

 「日米安保協議 破綻を糊塗する合意だ」社説 6/22

*琉球新報
 
 「トモダチ作戦 軍の論理に無防備な国よ」社説 6/24

 「空自の事故説明 「公僕」意識忘れていないか」社説 7/10

*東京新聞

 「週のはじめに考える オキナワとフクシマ」社説 7/10

 フクシマでは、原発事故を核テロの訓練としてトモダチ作戦を遂行し、オキナワでは、高江住民を訓練相手とするために新たなヘリパッドを欲しがる、在日米軍。どちらにも共通して言えることは、軍隊は「軍隊のため」に動くのであって、「住民のため」というのはその付属物でしかないということ。

 「軍隊は住民を守らない」

 沖縄の人々が悲惨な戦争の中から学んだ教訓。

 その教訓を今一度かみしめ、政府が盛んに謳っている「日米同盟」は、沖縄にとって、日本にとって、僕らにとって、本当に大事なのか?ということを僕達自身が改めて問い直さなければなりません。

a0131573_23323669.jpg

家の畑で間引きしたダイコン。煮て食べたら、じゃがいものような触感。でも、苦かったぁ~
[PR]

by kohtaboy_gabihan | 2011-07-14 23:42 | 高江(たかえ)