海と山を結blog☆


山は海に流れ流れて、海は山に降りそそぐ。全てのいのちはめぐりめぐる。
by kohtaboy_gabihan
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
リンク
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
憲法と安保
from 辺野古と高江に軍事基地は作ら..
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

晴れたり、曇ったり、雨降ったり、

a0131573_143362.jpg

今日は朝からずっと雨が降り続いていましたが、お昼頃になってようやく日が差してきました。

と思ったら、また雨が降ってきました…
そんな天気が連日続いているやんばるです。今日も防衛局は現れていませんが、淡々と座り込みを続けています。

今日の沖縄タイムスの一面には、オスプレイに新たな不具合が見つかったことが大きく載っていました。

原発もそうですが、技術的に確立していないものを見切り発進で使ってしまうのは、やはり危険ですし、使うべきではありません。いくらその危険性を「安全神話」で覆い隠しても、いつかは剥がれてしまいます。

それが今年学んだ最大の教訓ではないでしょうか?
[PR]

# by kohtaboy_gabihan | 2011-12-08 14:03 | 高江座り込み

遠くにヘリの音…ドドド…

a0131573_14583945.jpg

昨晩から降り続いた雨もようやく上がりそうです。沖縄に来てから6日になりますが、青空を見れたのは2日だけ。週間天気予報を見ても、雨か曇りのマークしかありません。

信州に比べたらずっと暖かいのは違いないですが、1日中外気に晒されていると、だんだんと寒さが染み込んできます。

田中元沖縄防衛局長の問題発言によって責任を追求されている一川防衛大臣は昨日辞める意志がないことを明言しましたが、これ以上「お荷物」を抱えたくないのなら、沖縄の民意に真摯に向き合って職責を全うすべきです!
よね?
[PR]

# by kohtaboy_gabihan | 2011-12-06 14:58 | 高江座り込み

空と森との間には…

a0131573_14303294.jpg

久々に高江にやってきました☆

冬真っ盛りの信州から来ると、沖縄も寒くなってきてるとは言え、全然暖かいです。最近は曇りや雨の日が多いみたいですが、今日は快晴で涼しい風が吹いているので、森の声に耳を傾けならがら座り込んでいると、だんだんと瞼が落ちてきます。

元沖縄防衛局長の問題発言による騒動が起きてからは、さすがに工事には来ていないようですが、それでも政府が工事計画を撤回しない限りはいつ来てもおかしくない状況なので、フェンスのないやんばるの森を想像しながら、今日も座り込みを続けています。
[PR]

# by kohtaboy_gabihan | 2011-12-05 14:30 | 高江座り込み

崩壊する現在(いま)、創り上げてく未来

 ここ数年の世の中の動きを見ていると、頭から「崩壊」の2文字が離れません。というより、頭の中にこびり付いてしまっているように思います。

 どうしてそう思うかと言いますと、今日の世界を形作ってきたグローバルシステム(資本主義とか市場原理主義とか近代民主主義とかいったものを便宜上まとめてこう呼ぶことにします。乱暴かな?)が、様々な問題に打ちのめされながら、いよいよ大きな綻びを見せ始めているように感じるからです。

 例えば、ギリシャに始まる欧州金融危機は、グローバルシステムという強固な要塞に入ったひびが、ついにその核心部まで到達してしまった出来事のように思います。そして、日本でもそれを象徴するような出来事が起きています。

 それは、昨年日本全土が揺れに揺れた米軍普天間基地の移設問題と、今年世界を恐怖に陥れた(陥れている)福島第一原発事故です。これら2つの問題は、1つは「戦争」、もう1つは「放射能」という形で、僕たちの生活を根元から崩してしまう非常に重要な問題です。

 しかしながら、日本政府はいずれの問題に対しても、あまりに不誠実で姑息な解決策を持ち出し、民衆の怒りをかわしながら、何とか乗り切ろうとしています。

 普天間問題においては、沖縄の民意に目を向けることなく、アメリカと官僚の圧力に屈し、「抑止力」という方便を使って辺野古移設をゴリ押ししようとしています。

 また、福島原発事故で一気にクローズアップされた原発問題に関しては、政府は今まで大企業と共に築き上げてきた既得権益を守り、原発事故の責任から逃れるために、必死に福島原発事故を小さく見せようと苦心し、その結果福島の人々をはじめ、多くの人々が悲惨な放射線被曝を強いられています。しかも、原発事故の教訓から何も学ばなかったのか、今度は原発を海外に輸出しようとさえしています。

 これら2つの問題に加え、つい最近では国民的な議論や合意がないまま唐突にTPPへの参加が表明されたり、また僕の地元信州では、大規模な自然破壊を伴い、大量の電力を必要とするリニア新幹線の建設に向けての動きが始まったりしています。

 こうして見ると、まさに今の日本は「崩壊」の2文字に向けてラストスパートを切ってしまったように思えてなりません。はぁ……(嘆息)

 ところで、このグローバルシステムの構造をよくよく眺めてみると、システムの基礎部分ではたくさんの人々が上官にムチ打たれながら、必死に手を伸ばして支えています。それも、衣食住をろくに与えられずに。大勢の人達が苦しみに喘ぎながら倒れています。

 そんな脆弱な基礎の上に今のシステムは成り立っているんですから、いつか崩壊してしまうのは当然です。

 以前松本で上映会を開催した時に来て下さった、ドキュメンタリー映画監督の藤本幸久さんが語っていたことが僕の頭の中に甦ります。

 「今起きている現実に目を向け、それを自分の頭で考え、行動しなければ、さらなる破局が訪れるかもしれない。」

 ふと自分の足元を見てみると、地面に無数の亀裂が入っています。しかし、ほとんどの人はそのことに気付いていません。大変です。このままでは底知れぬ闇の奥に落ちてしまいます。なんとかして、このシステムから抜け出さねば…

 でも、ちょっと待ってください。

 さっき僕は「ほとんどの人は」と書きました。だから、すでに地面の亀裂に気付いて抜け出そうとしている人達もいるのです。

 その人達は、グローバルシステムの隙間から新たな目を発芽させ、そしてその芽から伸びていく蔓でこの要塞を覆ってしまおうとしています。その蔓をつたって、このシステムの上に出てしまえば、奈落の底に落ちてしまうことはありません。それらの芽から新しい花を咲かせ、別のシステムを作ってしまえばいいのです。

 しかし、困ったことが1つあります。

 実はこのグローバルシステムの要塞には、「核爆弾」と「原発」という自爆装置が至るところに仕掛けてあります。(すでにそのうちの1個が爆破してしまいました…。)いつかこのシステムが崩れ落ちていく過程で、その要塞にいる人がパニックに陥り、他の自爆装置に火を付けてしまわないか心配です。

 いくら新しい芽を発芽させても、これ以上自爆装置が爆発してしまえば、元も子もありませんから、そうなる前にこの自爆装置を解体しなければいけません。

 ところで、オバマさん、そろそろノーベル平和賞返却してもらっていいですか?


※「今起きている現実に目を向け、自分の頭で考え、行動していく」ための本の紹介
 (本のタイトルをクリックすると、アマゾンの本紹介ページにリンクします。)

 『世界が完全に思考停止する前に』 森 達也著、角川文庫、2006年、定価540円

 『地宝論-地球を救う地域の知恵』 田中 優著、子どもの未来社、2011年、定価1575円

 『減速して生きる-ダウンシフターズ』 高坂 勝箸、幻冬舎、2010年、定価1365円

 『2050年は江戸時代-衝撃のシミュレーション』 石川英輔著、1998年、講談社文庫、定価580円
 
[PR]

# by kohtaboy_gabihan | 2011-11-21 15:51 | 雑感/ 空想

高江ヘリパッド建設が再開されています!!!

 ついに高江で米軍ヘリパッド建設工事が再開されてしまいました!今年の2月以来8ヵ月ぶりの工事再開です。

 辺野古の移設問題は度々メディアで取り上げられており、いよいよ環境アセスの最終段階である評価書を提出するということが報道されていましたが、仲井眞知事や稲嶺名護市長、そしてほとんどの沖縄県民が辺野古移設に反対しています。

 なので、この時期に無理に高江のヘリパッド建設を行えば、さらに辺野古移設は難しくなるだろうから、ヘリパッド建設は当分やらないだろうなと思っていたのですが、そんな淡い期待は見事に外れました。

 高江ヘリパッド建設については、仲井眞知事も伊集東村村長も容認の意を示しているせいもあるかもしれませんが、もう政府にとって沖縄の民意などどうでもいいのでしょう。おそらく高江にヘリパッドを先に造り、その後で「もう普天間基地にいる海兵隊の訓練施設は高江にできたんだ。だから、普天間基地を県外に持っていくことなんてできない。辺野古しかないんだ。」と言って、非現実的な辺野古移設を進めていくつもりなのでしょう。

 我が国の政府の愚かさには本当に頭が下がります。でも、その政府をつくってしまった責任は僕たち国民の側にもあるわけですから、政府のやることをとやかく言う前に、自分の中にある愚かさを自覚し、自分を変えていくことから始めなければいけません。

 高江ではこれからも長く厳しい闘いが続きます。ぜひ高江のことに目を向け、一人でも多くの人に高江のことを伝えていきましょう!!辺野古浜通信に書いてありましたが、現場は高江だけでなく、自分達がいる場所でも現場は作れるのです。

 辺野古浜通信に沖縄防衛局や防衛省などの連絡先が書いてありますので、できるかたはぜひ抗議の電話やFAXを!また報道機関に高江のことを報道するよう要請したり、各政治団体に工事中止を要請するよう求めたりと、現場に行かなくてもできることはたくさんあります。そちらの連絡先も辺野古浜通信に掲載されています。

 高江の問題は、日本の問題、僕たちの問題です!!

 高江ブログ 「やんばる東村 高江の現状」 http://takae.ti-da.net/

 辺野古浜通信 「【高江】呼びかけ先のお知らせ」

           「【高江】工事車両囲むガードマン」
[PR]

# by kohtaboy_gabihan | 2011-11-17 15:02 | 高江(たかえ)